● ●  ● ● ● ●  ● 

ココナラ・サービス開始しました
(宇宙の法則アドバイス、マインドフルネス、傾聴サービスなど)

愛、プチ壊し、手放し、そしてまた愛、の美しき循環



息子が巣立ち、私と彼の同棲が始まって2カ月が経とうとしている。


ずいぶんと色々と願いが叶ったけれど、大きな変化だったので順応するのに、まだまだ少し、あたふたしている。


前回、プチ壊しについて書いたけれど、相変わらずそれは起きている。パートナーからの愛が深まるほどに、私の中で抵抗が深まる。ただ、ネガティブな感情に襲われたときの手放しと、その結果、瞬時に起きる【いいこと】のループが、自分の中で定着してきた。


あまりに見事だから、我ながら拍手したくなる。そんなことが、ここ毎日、起きている。


とくにドラマチックな出来事というわけではなく、ささやかな日常生活の中でのことなのだけど、そうした土台を築くことが、新たな現実を創ってくれるのだから、決しておろそかにはできない。


たとえば先週末は、元夫と一緒に息子のいるカレッジタウンに泊りがけで遊びに行く予定だった。私はそのために仕事の休みを貰った。


でも、元夫は、またしても仕事の都合でドタキャンした。これで何度めかヽ(`Д´)ノプンプン


さすがにムカっとして気分が落ちたものの、数時間後には、きれいさっぱりと手放しが完了。今の私には、とくに難しいことでもない。

すると、パートナーが、僕が運転してあげる。ぜひ一緒に行きたい、と言ってくれた。


これまで何度も言ってくれていたことだけど、私はずっと遠慮していた。なぜなら、彼と私の息子は、ちゃんと知り会う時間が持てなかったため、今でもそれほど親しくないから。一緒にいると、どちらも遠慮してしまい、あまり楽しくないから。私がパートナーとそっちに遊びに行くかもしれないと言うと、電話の向こうで息子が声を曇らせていたから。


でも、私は、その心配すらも手放しておいた。


なぜなら、私が望むのは、彼と息子が楽しくやっている光景。あるいは、私と元夫と息子が楽しくやっている光景。そこにフォーカスしていればいいだけ。


私のパートナーの望みは、私が元夫ではなく自分と行って私の息子と仲良くなること。


愛に包まれて楽しく過ごしている私達の願いが、同時に叶わないわけがない。


ということで、息子に連絡を入れると、これまでとは違い、嬉しそうな声だったので、おかしくなった。こちらの波動を変えるだけで、別に説得しなくても、ちゃんと相手は変わってしまう。


彼は息子の住む寮と大学の近くのカレッジタウンにあるホテルをとってくれた。そして当日は、3人でゆっくりと、楽しく充実した日を過ごすことができて、感謝で胸がいっぱいになった。3人で大笑いできる日がこんなに早く来てくれるなんて( ;∀;)


楽しかった分、翌朝は別れがちょっと辛くなってしまったけれど、それだって素晴らしい体験❤愛と感謝に満たされて、私とパートナーはその街を去った。


ところが、本当に笑えるのだけど、そんな幸せに浸っていても、コントラストはちゃんと起きる。


今回は私の車で行ったんだけど、高速道路をぶっ飛ばしてる途中で、車の調子が悪くなった。


出発地点からずっと運転していた彼と交代して私がハンドルを握ったときに、衝撃が起きた。なにこれ!ハンドがブレブレじゃない!と。


彼は、そう感じないと言う。私は、自分の車なのでいつもと違うことがちゃんと分かる。これはおかしい!あなたがさっき、木の枝みたいのひいたから、おかしくなっちゃったんでしょ!このまま運転するのは怖すぎる!とパニックになったけど、メカに詳しくない彼は、心配することないと言い張るので、さらにイライラ(-"-)


冷静すぎる彼の横で、私はイライラがマックスに達し、彼にとってものすごく侮辱的な行動に出てしまった。


それは、愛車をプレゼントしてくれた男性に電話をして、半べそ状態で、助けを求めるという。。。。なんて非常識(-_-;)


なぜなら、その人は、車の知識に関してはプロなので、120%頼れるから。今のパートナーは、そこまで車のことを知らないから。


普通に考えると、ありえない状況かもしれないけど、私はその人に電話せずにはいられなかった。するとその人は、私の説明を聞きながら、その状態なら運転を続けても大丈夫だけど、帰ったらすぐにアライメントして、点検してもらいなさいと言ってきた。


しかも、私の愛車のアライメントにかかる費用を、永遠的に払ってくれていた!!指定先に持っていけば、無料で何度でもアライメントしてもらえるそうだ。びっくり!!!!!!!


どうして最初に教えてくれなかったのか知らないけれど、それを知った私の不安はかき消えて、安心と感謝への感情がすうっと上昇していくのを感じた。


つまり何が起きたのかといえば、パニックになったとき、私は感情的になりながらも、自分にとって一番「いい気分」になれる行動にすんなりと導かれて、抵抗を持つことなく、それをすることができた。


それは、パートナーの前であっても、その人に電話をすること。それを迷わずにすることで、すべてが大丈夫という世界にい続けることができた。


パートナーはひどく傷ついたかもしれないけれど、私が安心した顔を見て、何も言えなくなってしまったし、それで怒ったり、愛が冷めてしまう人でもない。自分の感情は自分で処理すべく、ゆっくりと手放しているのが分かった。とても尊敬してしまう。


そんな人を引き寄せることができたのだから、私は本当に幸せだと思う。彼に感謝したことで、相手も私に愛を持たずにはいられない。だから、喧嘩にもならなかった。


翌日、車のタイヤのチェックに行くときも、手伝いたいというパートナーのオファーを断って一人で行き、車をプレゼントしてくれた人に電話をしてテクニシャンの人と話し合ってもらった。


すべてが、タイミング良く進んで、あっという間に修理も終わった。その人がいなかったら、私は新品のタイヤを4輪買わされて、いいカモにされていた。アライメントは、もちろん無料で感動した。本当にもう感謝でいっぱい。


こんなことがあって、今のパートナーとぎくしゃくしないのかと言われれば、彼からの愛はさらに深まってきて、今日はいつにも増してお姫様扱いしてくれていた。


自分にとってネガティブなできごとをうまく手放せた彼に対して、私も感謝と愛情でいっぱいなので、やはり最後は愛を学んで一件落着となってくれる。


夕方は、腕を振るって美味な食事を作ってくれた。


そのあとで、私の苦手な医師友達がワインを飲みに遊びに来ると言われ、ゲ~っと一瞬思ったものの、私はジムに行くことにした。彼は自分の友達が歓迎されてないようで、ちょっと残念そうな顔をしたけれど、


私は怒りから外出するのではなく、ジムでとてもいい気分に浸って充実するのだから、すべては丸くおさまるしかない。


クルマをプレゼントしてくれたその人も私を無条件レベルで愛してくれているし、元夫は、私が今の彼と息子に会いに行ったことで残念に思ったかもしれないけれど、やはりネガティブな感情はすべて手放し、私が息子に買い与えた分のお金を頼んでもないのに振り込んでくれた。


愛と感謝の波動の中に生きていると、しょっちゅうコントラストは起きつつも、ちゃんとすべてがうまくいく。


こんなふうに、ネガティブな感情を手放すと、「いいこと」が起きるという、心地よいリズムが定着してきた気がするし、「予想もしなかったいいこと」が起きるスピードがずいぶん速くなってきた。


同じような気持ちや感情を繰り返し体験しながら、私達はらせん状に昇ってゆくことが多いのです。何か大きな発見をして陶然となったあとには、たいてい新しい違う種類のネガティブな気持ちに襲われるものです。そしてまた、もうひとつ、愛について学ばねばならなくなるのです。しかし、上にゆくにしたがって、ハードルを越えるのはやさしくなってゆくでしょう。ーなまけ者の悟り方


この手放し部分でつまづいている方のお手伝いもしています

宇宙の法則を1か月間コーチングします もっとじっくりと理解して、ゆっくり実践されたい方へ

Amazon