● ●  ● ● ● ●  ● 

ココナラ・サービス開始しました
(宇宙の法則アドバイス、マインドフルネス、傾聴サービスなど)

恋愛だって自分がすべて

 
同棲して6週間くらい過ぎたけど、まだ一度も料理をしたことがない。。。と言ったら、何人かの女友達がびっくりして、え~、それは彼が可哀想!と心配してきた。




同棲とはいえ養ってもらってるのだから、料理くらいすれば~?という意味もあるし、女としてどうなの、というジャッジもあると思うけれど、私の彼は、私に料理を作るのが趣味となってしまっている。


今朝はワッフルを焼いてくれた。


夜は、私の好きな手打ちのイカスミパスタと、新鮮な魚介類を買ってきて料理してくれるという。楽しみ(*´▽`*)


冷蔵庫には、そうした料理の残り物が色々とあり、一人のときに私はそれを食べたりしてる。


自分でも心配になるくらい、料理は当分したくない。


彼の料理は美しいので、私はせっせと写真を撮って、インスタに載せている。新しいアカウントなので誰もフォローしてないけれど、彼は喜んでるし、そんなふうに2人ではしゃいで楽しくやっている。


もしも今の私が料理担当になったら、楽しみながらできないのでストレスがたまるし、彼だって料理ができずに、つまらなくなってしまう。


彼が料理をしたくないときは、外食をしたいときなので、一緒にどこかに食べに行く。


それで幸せにやっているのだから、周囲の声とか、意見とか、常識とか、カップルの在り方とか、そんなものは気にせずに、楽しくやるのが一番だと思う。


私は、結婚していたときは、毎日料理を作っていた。楽しくてたまらなかった。離婚してから子供が巣立つまでは、子供のために料理や弁当作りをしていた。それだって楽しくてたまらなかった。


でも、子供や夫以外の人のために料理をしたいという欲望がまったくないことに気づいた。(;´∀`)


結婚する前や、離婚してからつきあった恋人たちには、料理を作ってあげたことがない。いつも外食に連れて行ってもらい、たまに作ってもらっていた。何年間も。それでも、まったく問題なかった。それが原因で喧嘩になったこともない。


そういう人を引き寄せて、楽しい食生活を送っていた。


外食する機会が多いので、レストランを通して食文化やトレンドを学んだり、インテリアとか、食器とかのアイデアを得たり、色々な体験ができて感謝している。自宅で和気あいあいと大勢で食卓を囲む体験はあまりできなかったけれど、愛情はそのままに、違う世界を見ることができた。


昨晩は、彼と仲良しの医師友達がワインを飲みにやって来る晩だった。月に1,2回ほど、そんな晩を過ごすのが習慣づいていたらしい。


夕食のあとフラリと来て、3時間ほどワインを飲みに来る。雑談したり、たまにカードとかをやっている。彼のインテリジェンスな娘さんも参加した。


人間関係が円満でほぼ問題のない私だけど、その医師だけは、どうも波長が全然合わない。あちらから攻撃されている感じ。君たちはお似合いじゃないよとジャッジされてる気すらする。


前回は一緒にもてなしたけど、全然楽しくなかったので、今回は私は1人で外出することにした。オープンしているダンススタジオがあり、ソーシャルダンスの小さなイベントをやっていたので、ダンスシューズを片手に、ばいばーいと家を出てきてしまった。


我ながら、来客に対して失礼だなとは思ったし、行ったことのないダンススタジオの、知らない人たちの輪に入っていくのはちょっと勇気がいたけれど、


結果的には夢のように楽しい時間を過ごすことができた。新しい出会いがあったし、世界がちょっと広がったし、一緒に踊ってくれたインストラクターの男性のリードがプロすぎて、楽しすぎて魂が昇天してしまった。波動的に言えば、絶頂的な喜びの時間。


そんな時間を過ごして帰宅したときはすっかり夜も更けて、家のライトも消えていたけれど、


主人を待つ子犬のような顔で待っていた彼は、一人で出て行った私をなじるわけでもなく、君の苦手なゲストを呼んでごめん_(._.)_と謝るわけでもなく、


私への愛が増していた。。。笑


彼は彼で楽しかったし、私は私で幸せだった。


依存症みたいに互いを必要とせずに、幸せな時間を持つことができる。そうした人と一緒になれることの喜び。


そのときには、互いへのジャッジも、批判も、妬みもない。


とくに、自由にさせてくれる彼には本当に感謝している。


相手があなたのことを
忘れたかのように何かに
夢中になって行動しているのを見ても
不安、嫉妬、焦燥を感じることなく、
すごい!頑張って!
って言うことができる。

あなただってそんなふうに
なっているべきなのです。
エイブラハム(私の訳)


常識的にどうなの?と思うような行動であっても、自分のしたいことをしてしまう。


それが、傲慢で勝手な行動にになるのか、そうでないのかは、周囲から見ても分からない。だからこそ、他人の意見は聞かなくてもいい。


どんな行動であれ、自分自身がアライメントしていれば、愛する相手にギフトを与えることになる。自分が満たされることで、相手への愛情が広がるし、その行動が、よりより結果に導くことにもなってしまう。


自分がアライメントしていなかったり、相手が受け取りモードになっていなければ、同じことをしても、全然違う展開となる。


受け取りモードになっているときに、同じくボルテックスに入っている人を引き寄せれば、常識とか、周囲の意見とかを気にすることもなく、自由で楽しい関係を創造することができる。


だからこそ、他人の関係を気にするのは時間の無駄だし、究極なことを言えば、相手の気持ちすら心配しなくても大丈夫。


私が彼に気をつかって料理をはじめたり、好きでもない友達の前に座って苦痛な数時間を過ごしたりすれば、そこで楽しさはなくなってしまう。私の落ちた波動を感じて、彼もつまらなくなってしまう。


Amazon