● ●  ● ● ● ●  ● 

ココナラ・サービス開始しました
(宇宙の法則アドバイス、マインドフルネス、傾聴サービスなど)

巣立ちも引っ越しもあと1週間後



子供の巣立ちと、自分の引っ越しの準備でバタバタしている。
断捨離してきたおかげで物理的にはそれほど大変ではないけれど、さすがになんともいえない複雑な気分で、泣いたり、ドキドキしたりと忙しい。息子が入学する大学の「新入生の保護者グルーープ」の投稿をFBで見てると、荷造りしながらワっと泣きだす母親は私だけじゃないみたい。

コロナウィルスの影響で大学側もあらゆる決断が遅れ、入寮の日をなかなか決めてくれなかった。待ちくたびれたころに、ルームメイトの発表があり、寮の建物と部屋番号が知らされ、入寮の日が決定となった。

そうなると、現実が目の前に迫ってきてしまう。

え!!!もう、そんなに急に??

と改めてカレンダーを目の前に、親子でボーゼンとしてしまった。

あと1週間後にそれは起きる。

アメリカの大学の入寮のシーンを、何度映画で見たことか。
私自身はイギリス留学だったし、アメリカの大学には縁がなかったので、実際に親の立場で初体験するとなると、ちょっと感慨深いものがある。

幸いにして元夫との関係は良好なので、元夫と私、息子の3人で荷物を積んだ車に乗り、片道5時間かけて大学のある街へ行くことになっている。

その夜は時間があれば周囲を見てまわり、買い物したりご飯を食べてから、ホテルに宿泊。

翌朝、息子は大学規定のコロナウィルステストを受け、待ちに待った入寮。色々と手伝ってから、さようならして、私と元夫は、たぶん涙ぐみながら車に乗って、それぞれの自宅に戻っていく。

それを想像するだけで涙がボロボロなんですけど。。。( ;∀;)

そして私は、空っぽの子供部屋があるこの家に戻ってきて、一人ぼっちで泣き崩れることになるはず。

いやぁぁ。

でもそうした時間にどっぷりと浸るのも、とても貴重な体験だと思えば、心の底では、やっぱりワクワクしてしまう。

もしもその体験をしたくなければ、そのまま彼の家に住み始めることもできる。私はすでに仕事を辞めてしまったし、8月末までこの家の契約があって早急に出て行かなくてもいいので(今月は家賃無料というラッキーなことも起きた)少しづつ引っ越すこともできる。

選択があるからこそ、前向きになれるのだと思う。





彼の住む場所は、元夫の家から車でたった5分の距離にある。

その街に住みたいと思いはじめたのは、去年のクリスマスのことだった。
元夫の近所ではなく、もっと洒落たエリアに住んでる人に会いたい!と、理想の人の「住所」の条件をはっきりと修正したのが年末くらい。

すると、2月に理想を全部満たす彼に出会ってしまった。
(出会ったときにはそんなことは分からなかったけれど)

キミを幸せにすることが自分の幸せ!と言いながら、私が住みやすいように家具の配置を変えたり、私に必要なものを買ったりして、せっせと同棲の準備をして待ってくれている。

私が寂しい思いをする暇もないくらい楽しいプランをたくさん立ててくれている。趣味や好みが似ているので、特別なプランなんてなくても、毎日の生活そのものが楽しくなることは目に見えている。

明後日は、息子の入学祝いのために、高級レストランに連れて行ってくれる。ギフトとカードも用意してくれている。

私が息子に会いたくなったら、大学まで往復10時間運転して連れて行ってくれるというし、いちいち書ききれないくらい、私を大切にしてくれる。本当に、すべてに、感謝でいっぱい。


ということで、こうした状況の中でストレスはないはずなんだけど、なんだか胃がキリキリ痛むこのごろ。



--------------------------------


別ブログをまとめた私のキンドル本。
エイブラハムの宇宙の教えがベースになっています。
このエッセンスをものにできれば、どんどん願いは叶います。

基本的に人間関係についての内容ですが、私はこれを心に留めることでソウルメイトに出会い、無条件で愛され、家族関係なども大好調です!
年齢も、性別も、容姿も、今の状況も関係なく人生を好転させることができますよ。






--------------------------

Amazon