危機感があるから、フォーカスできる


ほぼ無条件ともいえる深い愛の中に、どっぷりと浸ったことはありますか。相手や対象は、誰だっていいし、なんだっていいし、複数でもいいし、ひとりでもいい。ひとつでも。永遠的に持続するものもあるし、単発的なものもある。

私は今、真新しい愛の波動を堪能中。半年前だったら、この新しい愛に対して、ここまでバランスを保てていなかったはず。感情優先で、思考が散漫だった数年前の私には、素直に受け取ることはなかなか難しい状態でした。

ほぼ無条件の愛の中に浸っていると、絶望的になることが難しくなっていきます。幸せの波動が大きくなって、問題がおしつぶされてしまうから。

なぜ「ほぼ」なのかといえば、私の中ではまだ完璧に無条件になっていない気がして、あまり偉そうには書けないから。。

この素晴らしい波動の現実化を受け取るコツは、まずは自分の中の愛をせっせと育むことです。

コロナウィルスの影響下でオンラインに切り替わったエイブラハムのワークショップで、こんな言葉がありました。つい10日ほど前の内容です。

「この世は幸せの状態が優勢であり、人間だって幸せであることが自然な状態です。絶望的になって悪いことをあれこれ考えても、すぐにそれが現実化することは、ほとんどない。なぜなら、あなたの中にある幸せの波動が、ネガティブな波動の勢いを抑えてくれるから」

この週末、私は、大自然を堪能してきました。

自宅での自粛がすすめられているとはいえ、屋外での散歩や運動は自由にできる現状で、

絶対にガラガラだから大丈夫!と言われて連れて行ってもらうと、駐車場は満車でびっくり。ひとたび自然に抱かれると、人の姿もまばらになって、誰もいない空間が広がります。

コロナウィルスに汚染された現実の光景はかききえて、美しい大自然が静かに存在しているだけ。そうなると、恐れや不安も消えてしまい、愛の波動がリチャージされていくだけです。

そのあとで、ひたむきともいえる愛を受け取り続け、大切にされ、たくさん笑い、愛することの幸せに浸り、夜になって届いたメールを見てみると、今抱えている問題(と思っているもの)がさらに2つ消えていました。

愛を選択しつづけることで、問題(と思っている)ことが、こちらの行動とは別のところでどんどん解決していくというのは、過去に何度も体験済み。

まだまだ別の問題(に見えてること)もあるけれど、これからの展開は、やはり私の意識次第です。

エイブラハムはつづけました。

「ニュースやSNSを見ながら恐怖感を高めていくと、その波動は勢いを増すばかりですが、あなたのインナービーングはその方向を見つめていません。でも、こんなときだからこそ、自分のインナービーングに同調しやすくなるのです。なぜなら、危機感があるほどに、集中力が高まるから。問題にフォーカスするのか、前向きな将来にフォーカスするのか。それもやっぱり、あなた次第なのですよ」



 

 

Amazon