ローランドという生き方 【キンドル・アンリミテット】



動画のお薦めに出てきた「ローランド先生」の番組を見てみた。

ホスト界の帝王ローランドが悩める人類を救うべく世間のお悩みを解決する相談バラエティ!ローランド流名言の虜になる人が続出!果たして人類を救えるのか?フジテレビ「ローランド先生」
悩める人たちへのアドバイスがどれも的を得ていて、単刀直入で、ユーモアがあって、すごく面白かった。個人的に賛成できないものもあったけれど、全然気にならない。

お母さんを元気づけたいという女の子に対しては、親にとっての一番の幸せは子供の幸せ。とアドバイス。子供のいないローランドが、そんなことは当たり前だといわんばかりの自信でもってそう言い切っているところに、感心してしまった。

本を出版したとあったのでアマゾンを見てみたら、高評価が多かったので、ダウンロードしてみた。


俺か、俺以外か。ローランドという生き方



ホスト界の帝王・ローランド、初の著書!
話題の「名言」から浮き彫りになるローランドの素顔を本書で初公開。
至高のプロ意識、唯一無二の存在である理由を、哲学・美・愛・仕事・人生の多面的な切り口で語る。ローランドのストイックなまでの生き方と、そのウイットに富んだ名言は、ファンのみならず、年齢や職業を問わず、幅広い方たちの胸に熱く響き、明日への活力になる。ローランドのファンブックとしてはもちろん、ビジネス・自己啓発書としても、是非お読みいただきたい一冊。(アマゾンより)

自意識が高くて自信に満ち、自己愛とこだわりが強い彼。一歩間違えればイタい人になってしまいそうなのに、そんなことは感じさせない。ひたすら面白くて、いっきに読んでしまった。

ホストには全然興味がないし、行く人の気が知れないと思ってしまうのだけど、私の知らない世界で大成功している彼の哲学には心惹かれてしまう。

愛情や感謝の気持ちが伝わってくるからかもしれない。ありきたりな自己啓発書より、すっと心に入ってしまいそう。お薦めですよ。


デール・カーネギー著『人を動かす』

彼の愛読書はデール・カーネギー著『人を動かす』とありました。





デール・カーネギーは、アメリカ生まれの作家、教師、企業トレーニング、スピーチ及び対人スキルに関する各種コースの開発など、自分自身の人生を精力的に歩んだ人物です。世界的に有名な書籍「人を動かす」(1936年に出版)、書籍「道は開ける」(1948年に出版)など半世紀以上前にもかかわらず、いまでも世界中で読まれている名著をこの世に残しています(アマゾン)
アメリカでは今でもベストセラー。私の息子の本棚にもある。
キンドル・アンリミテットで読みたい人はこちらのバージョン




キンドル・アンリミテットを無料体験する




Amazon