コルゲート社お薦めの3つのホワイトニング・レシピ



昨日の記事の続き

歯石をためない!デンタルクリーニングで誉められた理由




コルゲートのウエブサイトで紹介されている自宅ケアを紹介するよ




ドラッグストアで手軽に購入できるhydrogen peroxide(過酸化水素水・オキシドール)は、安全性が高くて漂白効果もある。
生理の経血のシミにも速攻で効くので、家庭になくてはならない1本!


重曹をベースにしたやココナツオイル、少量のオキシドールは、デンタル・ケアとしても重宝する!

ということで、オキシドールや重曹をつかったレシピが、なぜか米国コルゲートのサイトで紹介されていたので、ここに引用してみたい。

1.重曹と過酸化水素(オキシドール)を使う


 

この2つを混ぜ合わせたシンプルなペーストはホワイトニングに効果がある。

過酸化水素 テーブルスプーン2
重曹    テーブルスプーン1

2つを混ぜ合わせて歯を磨く。

1分ほど置いてから、口をすすぐ。

すすぎ残しがないようにすること。

頻度は、多くとも週に2,3回のみ。あまり使いすぎるとエナメルの表面をとかして、口の中を敏感にしてしまうので気をつけること。そして、いつも通りに歯磨きもすること。





2.アップルサイダービネガー(リンゴ酢)





<アマゾン>Bragg オーガニック アップルサイダービネガーりんご酢

<楽天>★送料無料★ブラグ オーガニック アップルサイダービネガー


アメリカ人の大好きなアップルサイダービネガーも、ホワイトニング効果がある。

アップルサイダーと重曹を2:1で混ぜて週に2,3回使うことによって、歯に付着した色素を薄める効果が期待できる。また、アップルサイダーでうがいをすることによって、ホワイトニングを期待することもできる。重曹は使いすぎないようにすること。
どちらも即効性はない。


3.ココナツオイルとペパーミント

口内バクテリアとココナツオイルの関係についてはまだまだリサーチ中であるが、ホワイトニング効果があるということがすでに分かっている。

ココナツオイルと、ほんの少量の、すりつぶしたミントの葉っぱを混ぜ合わせたものは歯の黄ばみの原因になるバクテリアを除外する効果がある。
アップルサイダー同様に即効性はないので、効果を実感するためには長く使い続ける必要がある。重曹よりは歯に優しく安全なので、毎日使用することができる。



<アマゾン>ココナツオイル の一覧リスト
<楽天> 有機JAS認定取得の国内充填 ココナッツ油



<アマゾン>ペパーミントオイル
<楽天>/PRANAROM ペパーミント /送料無料




手作りデンタルケアで注意すべきこと


歯のエナメルを守るために、レモンやオレンジ、イチゴを使用しないこと。
上の方法でケアをしていても、歯磨きやフロスは忘れないこと。
そして、デンタルクリーニングのために年に2回、歯医者に行くこと!


ということなのだけど、このページで、自社のココナツ配合歯磨き粉などの製品宣伝をしていなところがちょっとびっくりしてしまった。


米国で大ブレイクしているチャーコールパウダー




成分:100% ナチュラル 活性炭(ココナッツ) 30g COCOLEANで歯を磨く事で歯が白くなります。エナメルを強くし。口臭防止。自然のチャコールで作られているパウダーなので人工的な物は一切入っていません。人工的な成分を使わず、自然な活性炭で歯が白くなります。
アマゾンでリストを見る


ここ数年、あらゆるメーカーから出てブームが止まらないチャーコールパウダー。我が家にもとりあえず、一つある。確かに、効果があると思う。ただ。。。。洗面所がそれなりに汚れるので、毎回の歯磨きのあとに軽く掃除できない人は無理かも。歯ブラシもチャーコール成分が配合された黒いブラシしか使えない。



お薦め!LEDライト&ホワイトニングシート




日本のアマゾンや楽天で同じものを見つけることができなかったが、アメリカで大ブレークしているホワイトニングガジェットといえば、やっぱりこれ!自分が気に入っているメーカーのホワイトニングシートと併用する。



日本のサイトでは類似品が売られていても、クレスト等、アメリカで人気があるメーカーのものを探すことができなかったので、日本のお薦めは分からないが、私はコーヒーや紅茶が大好きで毎日飲むので、こうした自宅ケアは欠かせない。高校生の子供も使用しているが、ちゃんと効果が出ているので、お薦め。


そういえばアメリカでは数年ほど前、コーヒーによる色素沈着を防ぐために、スタバなどでも温かいカフェをストローで飲む女性たちの姿がちらほらと見られた。

だけど、ストローの頻繁な使用が口の上のシワの原因になると言われはじめてからはまったく見かけなくなった(笑)。

そうしたストローも、ペーパーストローに切り替わったが、口の中で溶けてゆく紙の質感が個人的にはとても飲みにくくて苦手。それに、プラスチック袋に入って別売りもされているのは意味がない!普通のストローを置いてあるところもまだあるが、


冷たいドリンクに関しては、蓋が飲み口になっているものが主流になってきた。

私がうっかりとはまってしまった、限定品のクラウドマキアートも、そうしたカップで飲んでいる。甘さを控えてつくってもらっている。フワフワ感が大好き。一度お試しを。


コーヒーや紅茶を飲んでしまったら歯磨きか口すすぎをし、唾液を増やすためにガムを噛んだりするのも、色素沈着を防ぐのに効果的。
(私の歯医者談)






Amazon