アメリカで搭乗拒否になった件【セキュリティ強化で墓穴を掘らないために】



空の旅は慣れている私だけど、今朝はとんでもないことが起きてアメリカの空港のチェックインカウンターで搭乗拒否となってしまった。


チェックインの際に自分のミスが発覚して飛行機が乗れなかった等のゴタゴタは恥ずかしながら何度も体験済みだけど、今回は今までになかったことだったので、かなり動揺してしまい、ほとんどの人たちには関係ないことかもしれないけれど、誰かのためになるかもしれないと思うので、ここに書き留めておこうと思う。アメリカ在住者である私の、アメリカでの話であるが。


アメリカ発行のクレカで航空券を買った私


2か月前に、クレジットカードを使って米国航空会社のウエブサイトから航空券を購入した。

その数日後に、同じクレジットカードを使って買い物をしようとした際に、うっかりと間違えた情報を打ち込んでしまった。

これまでだったら、特に問題にもならなかったのだが、それが不審行為として処理されてしまったようだ。

すぐにカード会社から連絡があり、「不正アクセスがあったために、新しいカードを発行しました。届きましたら、それをアクティベートして今までのカードは処分してください」とあった。

数日後、新しいカードが届いたので、それまでのカードは処分した。
まさか、それがトラブルの種になるとは想像もせずに。


今朝チェックインをしたとき、担当者のパソコンの私のデータに「要セキュリティチェック」の指示が出ていた。それによると、私がチケットを買ったときのクレジットカードを提出しなければ、搭乗はできないと言う。

カードはもう処分してしまったのだとと言っても、担当者はまったく助けてくれない。「そのカードがない限り、搭乗できません」としか言わない。私の頭は真っ白に。一人だったら倒れてたかも。

上司が出てきて、しかるべきところに電話をしてくれた。が、それでもやっぱり購入したときのクレジットカードの提出がなければ搭乗はできないと言う。


購入証明ができない。その、たった一つの解決法とは。。


解決法はたった一つ。

すでに買った分の料金をキャンセル扱いにするから、新しいカードで同じ料金をチャージし直す。

それをしない限りは搭乗できないと、断固とした調子で言うので、仕方なくそうした。それがシステムなのだから仕方ないと。

考えてもみてほしい。もしもこれが家族4,5人の旅だったら、エコノミーであっても合計で100万円ほどを、その場で払うことになっていた。しかも、キャンセル分の返金処理には数日かかる。

万が一銀行にすぐにアクセスできる状態でなかったら。。と思うと、ぞっとする。もしもその口座に現金があまりなかったら?未成年だったら、親に連絡する時間もかかる。英語が通じなかったら、やっぱりすごく困っていたかもしれない。朝早く飛行機に乗る直前で、しかも限られた時間の中で、身動きとれない状態になる可能性だってある。


カードのセキュリティ強化を肌で感じるこの頃


私の知人は、先月、2回続けて、ガソリンスタンドでクレジットカード番号を盗まれた。給油機械にクレジットカード番号の読み取りガジェットが仕組まれていることがある。
100ドル相当のギフトカードを即座に買ってずらかってる。

幸いクレジットカードはすぐにキャンセル扱いになって被害額も戻ってきそうだが、そんなことからますますセキュリティが強化されてきているのかもしれない。

無事にチェックインできたのに、どこかが壊れてしまった私は、さらにおバカなことをしてしまった。

カード会社に質問ができたため、カスタマーサービスに電話をした。

自動応答機能に促されて、まずは自分のカード番号とピン番号またはソーシャルセキュリティ番号を打ち込む。そのあとでカスタマーサービスの担当者と繋がるのを20分間くらい待つ。

ようやく出てくれた担当者は、本人確認をしますと言って私に5つほどの質問をした。

口座を開けた場所はどこですか?あなたの郵便番号は?あとの2つは、彼女のアクセントが強すぎるのと雑音で私には聞き取れなかった。

それもいけなかったのかもしれない。最後に彼女はこう言った。
残念ですが、質問の答えに問題があり、あなたと話すわけにはいきません。あなたがアカウント保持者と証明することはできません。解決のためにはお近くの銀行にIDを持って行ってください。

どの質問の答えが間違っていたのかも教えてくれない。
(口座を開けた支店を思い切り間違えていた気がする。10年前の話だし、引っ越したし、そんなの突然聞かれても。。。

電話を切ったあとで、はっと思った。
ああ!またカードが止められる!

試しにすぐにスタバに行ってそのカードでドリンクを買おうとしたら、
カードは止められて使用不可になっていた。

ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ!


(解決法はアメリカに帰国後、自分のIDを持って、カード会社引き落とし先の銀行支店に行くしかない)


セキュリティの強化は素晴らしいことだけど、自分自身がちゃんと意識して、それについていかないと、かえって自分の首を絞めることになる。

私のようにボ~っとしているウッカリ者の方が少数派なのかもしれないが、どうぞ気を付けてください。


ということで、トラブル回避のためのまとめ


★ 航空会社のサイトから航空券を購入した、クレジットカードはチェックイン時に持参した方がいいし、万が一、そのカードをキャンセルした場合には面倒でも空港会社に連絡を入れた方が確実かもしれない

★ アメリカのクレジットカード会社に問い合わせをするときに、身分証明となる質問をされるので、準備は慎重に!!!

答えが間違っていた場合には自分のアカウントに関する質問に答えてくれないばかりか、ひどいときにはカードやアカウントを一時停止されてしまう可能性がある。そうなると、最寄りの銀行にID持参で行くしかない。質問の答えを忘れてしまった場合には、その際に、質問内容を変えてもらうなどした方が、今後のためにも安心かもしれない。

もちろん、クレジットカード会社や航空会社によってそれぞれポリシーが違うので、まったく問題ない場合もあるけれど、今後、どなたかの参考になれば幸いです。


海外旅行が豊富なHISトラベル

Amazon