大切な人に花を贈る!絶対に失敗したくないけどネット注文はお薦め?



先日のイースターの休日に知人宅にお呼ばれした。
食べ物等のギフトは持参しないように言われたために、イースターをテーマにアレンジされたお花を買いに行ったのだけど、早々と売り切れてしまっていて、ちょっと驚いた。


仕方なく、春の花束を購入したが、それはそれで可愛かった。
イースターのデコレーションといえば、パステルカラーのお花。バスケットに入っていたり、カラフルな卵やウサギの小物が添えられていたりして、朗らかな気分にしてくれる。



季節のテーマにそって売りに出される限定鉢植えやブーケの人気ぶりにはいつもながらに驚かされる。

今後ますますアマゾンやオンラインネットが巨大化して、モールや店にますます活気がなくなってきても、そしてAI産業が進んでも、花屋は生き残るのではないだろうか。

日本の母に花を贈る

今朝、日本の母に花を贈る手配をした。実家の近くのデパートの1階にある、母の大好きな花屋である。

クオリティも高く、毎回、とっても喜んでくれる。だけど、ここから注文できるようになったのは、ほんの2年ほど前からだ。

人気の花屋さんなのに、以前はホームページがなかった。今はホームページがあっても、メールの返事はないし、そこから注文は受け付けていない。電話は時差があるのでなかなかできない。たぶん、海外発行のクレジットカードもダメだろう。

しかし、全国規模のフラワーショップ加盟店になったことに気づいたのだ。(以下参照)それで、無事、そこからネット注文ができるようになった。

アレンジの品数が限られているので、毎回「おまかせ」コースになる。「前回と重ならないデザインにしてください」とお願いしたいが、お店の人と直接話すことができない。相変わらずメールも読まない。。。多少の不便さはあるが、母は喜んでくれる。



ネットショッピングで花を贈った感想

ということで、2年前までその店を利用できなかった私は、仕方なく、あらゆるオンラインショッピングサイトを使って母に花を送っていた。全国規模の大手の会社をいくつも使った。花がどこから送られてくるのかはよく分からないが、とにかく、写真を見ながら選びに選んでオーダーしていた。オーダー後には疲労感が伴った。。

が、母はあんまり喜ばなかった。ありがとうと礼は言うが、たぶん、感激はしてなかったのだろう。花の写真を撮って送ってもらうと、ずいぶんネットの写真と違っていた。

あるときオーダーした花のアレンジがずいぶんとひどくて、とてもがっかりしたようだ。
お金の無駄だから、もうお花はいいわ。と言われてしまった。

実家の近くの評判の良い花屋は、当時はどこも海外からの注文を受け付けていなくて、花を贈りたいのに、送ることができないというフラストレーションが高まった。


アマゾンではどうだろう?


米国AMAZONをチェックしてみた。ここまで進化したアマゾンは、どう対処しているのだろうか?

母の日のお花で探すと。。





花はきれいだけど、アレンジに芸がないというか。。
レビューは1000個前後ついている。

クリックしてみると、★★★★★が一番多いが、次に多いのが★だ。




たとえば内容はこんなかんじ(すべて今月の★レビュー)

★ひどい。。

★金曜日にとどくはずが、月曜日にとどいて花は半分が死んでいた。。。がっかりだ

★最初のオーダーは良かったんだけど、今回は薔薇が蕾のまま、開くこともなく4日後に枯れたよ。別の花はまだ咲いてるけど。でもさ、薔薇のブーケを買ったのになんで他の花が入ってるのか不明だし、もう絶対注文しない

★到着後、すぐに開封したのに、半分枯れてたよ

★もう絶対にここで注文しない!手術回復を願って姉のためにオーダーしたのに、花の半分はすでに枯れてた。絶対に許せないし、返金してほしいくらいだ。薔薇がまだ咲いてるから星は一つあげたけど、こんなのギフトで渡せるわけないじゃん!

★写真と全然違うんだが。。

★誕生日のために送ったんだけど、届いた花は冷凍焼けしてた!同封されてるはずのギフトカードはついてなかったし。せっかくの誕生日なのに、花への不満の会話になっちゃって最悪!アマゾンサイテー。


怒りのコメントが次々と。。

ちなみに日本も、同じようなものだった。
5つ星が多いが、一つ星も次に多い。

つまり、花そのもののクオリティやアレンジは別としても、発送日や発送時間によってもまた左右されてしまうのかもしれない。

日米どちらも、今の時点ではリスクが大きそうだ。

こんなにもデリケートな花を、アマゾンが完璧な様態で配送できるのは、まだまだ時間がかかるのかもしれない。

お花を贈るのは特別なとき。その大切なひとときを台無しにされたら、送り主は怒りたくなるし、届け先はガッカリする。
破損商品とは違うから、返品もできないし、返金もされない。

一度しくじったら、もう二度めはない。
私自身も、もう、店の指定ができない限りは、花のネット注文はしないだろう。


ということで、まとめ


お薦め(私の場合)


大切な人にお花を贈る場合で、その人が離れた場所に住んでいるとき。


●その人が好きな花屋をチェックして、そこからから注文するのがベスト

 ●花屋がサイトを持っていない場合、フラワーショップ等の加盟店になっていないかチェック。なっていたら、そのサイトからお店を指定してネット注文できる

 ●好きな花屋がない場合には、その人の街にある花屋の口コミをチェックして定評のある店を探し、そこから上の方法でオーダ―する。

 ●実家に定期的に花を贈りたい場合、今後の取引をお願いしたい花屋さんに出向いて、オーダー方法を聞いたり今後の希望を伝えるのもいいかも。特に毎年数回、定期注文を扱ってくれるかもしれない。






●大切な方へのフラワーギフトはイーフローラで(配送料無料)
●フジテレビフラワーネット  


私が利用している2つのオンラインショップ。
このサイト内から、私の母の好きな地元の花屋を選び、注文を入れている。全く問題なし!




Amazon