● ●  ● ● ● ●  ● 

ココナラ・サービス開始しました
(宇宙の法則アドバイス、マインドフルネス、傾聴サービスなど)

スティーブン・キング


息子が学校の宿題でスティーブン・キングのエッセイを読んでいた。

キングといえば、アメリカのモダンホラーの代表作家。

ちなみに彼は「恐怖」は読者に送りつけるので自分に怖いものはないけれど、強いていればアルツハイマーになるのが怖いそうだ。

さすが。

ホラーが好きでない私は彼の本を読むことはないと思うけど、このエッセイは非常に人気で、英語版を持っている。




元夫は彼のファンであり、当時、自宅には彼の本やDVDが本棚にあった。「ショーシャンクの空」の映画が好きで一緒に何度かDVDで観ていたときに原作がキングと聞かされて驚いたことを覚えている。

観たことのない人にはお薦め!


ちょうどそのころ、キングが交通事故に遭い、大きなニュースになっていた。別荘の近くを散歩していたときに、自分の犬に気を取られてよそ見運転をした43歳の男性がバンでつっこんできたのだ。

キングは重症に陥った。

そして奇跡の返還をした。

そして、これはあんまり知られてないと思うのだけど(知られてる話だったらすみません)私が恐怖におののいたのが、この部分。

加害者の男性は有罪となったものの、間もなくして自宅で息を引き取った。原因不明の突然死だった。しかも、キングの53歳の誕生日に!

当時は原因不明と言われてて、私もそれきり忘れてしまったので
キングと言えば、他人に呪いをかけるホラー作家のイメージができあがってしまったのだけど、加害者の男性は薬物(痛み止め)のオーバードーズだったことがのちに判明した。

それにしても、日にちがホラー。

被害者(キング)と加害者には共通点があり、

どちらも同じミドルネームで
3人の子供がいて
薬物やアルコール中毒だったようで、
それだけでもストーリーができそう。


恐るべし。


  

Amazon