子供を心配しすぎない


モチベーションスピーカーのことを書いたけれど、我が家にはそんな存在を必要とせずにやる気を保っている人がいる。それは他でもない16歳の私の息子。

生まれたときからこの瞬間まで、彼には色々と教えられてきた。私は学び、成長し、無償の愛を知ることができた。本当に感謝すべき存在である。


そんな彼が先週の土曜日に、高校のビジネスクラブ集まりがあるから会場に送って欲しいと言ってきた。

一緒にスタバに寄ってから車で会場となる高校まで送った。手ぶらなので、紙とペンくらい持っていかないの?と聞いても、スマホと小銭があれば事足りるという。

会場につくと、ビジネススーツに身をつつんだ、さまざまな高校のクラブメンバーたちが校舎に向かっていた。それを見て、ああ、息子は自分の居場所を見つけたんだなぁと嬉しく思った。

親に押されたり友達に誘われたり、学校の先生に薦められたり、クラブの先生に頼まれたわけではなく、好きなことをしていたら、ここにたどり着いていた。

数時間後にスマホにメッセージが届いた。
優勝したよ~!
と。ビジネス部門のスピーチで地区予選1位になり、再来月には州予選に出ることになったらしい。

あまりにさらりと言うものだから、私の方が仰天した。

え!そんなすごいことだったの?
だって全然緊張してなかったじゃない。
も、素晴らしい。おめでとう!!!

その後すぐに、近くの大学の経済部から高校生のための3か月間の特別コースの無料招待のメールが届いた。

息子が決断したとたん、エネルギーが動き出した。色々と楽しく道が開けて感謝すべきことが起きている。そんな1月を過ごしている。

私は親としてサポートをしたり導きはするけれど、最終的な口出しはしていない。引き続き、私が親としてできることは、今の時間を楽しんでいる息子の集中力の邪魔をしないこと。

子供を心配しすぎない方がいい。自分や世間の価値観を押しつけず、子供達が自分の心の声を聞けるチャンスを与えることが大切。
~エイブラハム~

子供が楽しそうにしていなかったら、子供をあれこれ変えようとするよりも、まずは親である自分の心のあり方をチェックするべきだと思う。



Parents can only give good advice or put them on the right paths, but the final forming of a person's character lies in their own hands.

親は子供に助言し導くことはできるけれど、
最終的な人生形成は子供自身の手に委ねられているのです。

~アンネ・フランク~


お薦め本



『子供が、愛や喜びや幸福がどんなものであるかを知るには、
自分自身を愛する母親に愛されることが一番だという事が分かるはずだ


Amazon