忘れがたいニック・ブイチチ



「僕は手足がないから、みんなとはハグをする。たくさんの人とハグをして怖いことは、誰かが僕を持ち上げて家に持ち帰ってしまうのではないかって思うときなんだ」ニック・ブイチチ





知人に頼まれてウエディング関連業者が集まるパーティに同行してきた。

ウエディングビジネスは需要は相変わらず大きいので、こうしたイベントはしょっちゅう行われていて、私は関連業者ではないけれど、知らない人たちと世間話をしながら人脈を作る手伝いもできて楽しかった。

パーティの途中で、ゲストスピーカーのコーナーがあった。地元で活躍しているというモチベーションスピ―カーの男性が登場。

熱気に溢れた中年男性で、テーマは1月らしく
「今年の目標達成のモチベーションの上げ方」
今の自分の位置を知り、高い目標を立て、12月にはそれを越えるところまで行こう!みたいなノリで、クリスチャンなのでスピリチャルな言葉を言ってはアーメンと言わせる。。。

同じくクリスチャンのニックブイチチを崇拝していて、手足のない彼ができるだから、君たちに言い訳はない!
と、みんなのお尻をべちべち叩くという感じで面白かったのだけど、私はこういう熱血スピーカーは苦手なので最後の方はもう耳に入ってこなかった。

もちろん、特にビジネス界に置いては熱血モチベーションスピーカーについていった方が成功するのかもしれないし、個人的には運動およびダイエットのモチベーションスピーカーにお尻を叩かれたい気はするけれど。。

ちなみに、私のパソコンでモチベーションスピーカーを検索すると、二人目に出てくるのが前述のニック・ブイチチ氏。彼のことは私のエッセイにも書きましたが、二、三年前に私がドン底モードだったときに突然目の前に現れて(というか、たまたまその場に居合わせた)私の波動をぐわっとあげてくれた人です。
彼のスピーチには心の底から感動しました。愛と感謝に溢れた人。そして、笑える。これ、大事ですね。





「僕は手足がないから、みんなとはハグをする。たくさんの人とハグをして怖いことは、誰かが僕を持ち上げて家に持ち帰ってしまうのではないかって思うときなんだ」
(会場爆笑)

彼はこの動画で言っていますよ。
人生はドン底から頂上に行くことではない、と。
今これ見ても、また涙ぐんじゃう。




彼のスピーチを生で見てしまった後に心動かされるスピーカーに出会うことができないのはある意味仕方ないことなのかもしれません。

Amazon